見えない矯正歯科治療***クリアアライナーを更に進化させたイークライナーのご紹介です。

矯正治療をもっと身近に!もっと気軽に! 透明で取り外し可能 シーンを選ばない矯正治療


イークライナーで出来ること
イークライナーとは?
イークライナーの取り扱い
ご利用上の注意
治療開始までの手順

イークライナー®サービス

『イークライナー』矯正治療では主治医の技術と患者様のご協力が不可欠です

イークライナーは、韓国の矯正専門医 金泰元先生により考案された『クリアアライナー』の基本コンセプトをそのままに、作製方法を改善致しました。
『Kim’sメソッド』により最適化された治療計画を主治医にご確認・ご承認を頂き、樹脂モデルおよびイークライナーを作成致します。
イークライナーは主治医の技術と患者さんのご協力が必要不可欠です。
矯正治療は治療計画立案が非常に重要なのであり、装置の選択が第一優先ではありません。
症例登録用の印象採取後は、イークライナーでの矯正治療が終了するまで、歯の形態が変わる様な補綴処置等は出来ませんのでご注意下さい。
イークライナーでの治療は、プラスティックボタンや顎間ゴムなど補助的な装置やストリッピングが必要なケースもございます。事前に患者様の承諾を得て下さい。



『イークライナー』がお手元に届いたら

 お手元に届きましたら、システムよりダウンロードしたトリートメントプランナーをご参照の上、全ての樹脂モデル・イークライナー、専用ミラー、取り外し用フック、および必要な場合は付属品(プラスティックボタン、顎間ゴム、イークライナーへのボタン付与、サスペンダーの際の切り込み、ディボット)のご確認をお願い致します。
*プラスティックボタンや顎間ゴムは実使用個数のみ付属されています。紛失などを考慮し、予備品のご購入をお勧め致します。
*イークライナーへのボタンの付与は、強度を考慮して、ハードタイプのイークライナーのみに付与してます。その場合、ハードタイプを3週間使用して下さい。


ご利用上の注意

 イークライナーはステージや硬さ別の印字がされていません。 アルミパックから出したイークライナーは、判別が困難ですので必ずアルミパックにしまう様お願い致します。 クリアアライナー用プライヤ/CA-4等を用い、頬側片縁にマーク等して判別しやすくする事も可能です。



 患者さんがイークライナーを紛失した場合、該当ステージの樹脂モデルで作成可能です。 (バキュームフォーマー、プラスティックシートが必要です。) 院内またはお取り引き技工所で作成願います。 *お困りの際は弊社までご連絡下さい。 紛失の際は再作成したイークライナーが出来るまで、直前のステージのイークライナーを使用して後戻りを防いで下さい。 (患者さんのイークライナー治療が終了するまで、使用後のイークライナーを医院で保管する事を推奨致します。イークライナーを清潔に保管する為に、洗浄剤の使用を推奨致します。 試適はソフトのみ行なって下さい。 片縁など調整が必要な場合は、金冠鋏や矯正用バンドコンタリングプライヤーを用いて調整をして下さい。 また、ミディアム、ハードも同様の調整を行なって下さい。
 1週間以上使用してもイークライナーと歯面との間に隙間がある場合は、使用時間が短く、患者さんの協力が得られなかった可能性があります。 イークライナーハードを使用する時に極端な疼痛が出る場合は、ソフトおよびミディアムの使用時間が短く、十分な歯の移動がなされなかった可能性があります。


きれいな歯並びまでのシュミレーション



ドクターメンバー登録

ドクターメンバー登録

 ↓ご利用前に必ずお読みください。

システムへの登録